ブライダルプロデュースを取り入れている結婚式場を予約しよう

招待するときのマナー

カード

早い段階で準備する

結婚式を行う場合、さまざまな準備を行わなければいけませんが、早い段階で準備しなけらばならないものが招待状です。結婚式に参列してもらう招待客に招待状を渡して、出欠を確認する必要があります。多くの式場では、2〜3ヵ月前に招待状を発送できる準備が行われています。結婚式や披露宴の規模やおおまかな費用の計算は、招待客の数に左右されることがあります。参列してもらいたい招待客を絞る時期ともいえます。出欠確認となる返信はがきの期限は、発送してから1ヵ月以内ぐらいを設定するので、招待客リストの確定が結婚式の1〜2ヵ月前になるような計算です。招待状をもらった側も、予定を立てやすいのが2〜3ヵ月前といえます。招待状の宛名書きは、筆書きが正式とされていますが、最近は筆書きではなく、太いサインペンや宛名印刷も一般的となっています。横書きの招待状も増えていますが、ラベル印刷は避けるようにしましょう。また、大きく黒いきれいな文字になるように心がけ、文字が薄くなったり、かすれや汚れのないように気を付けましょう。文字に自信がない人は、式場などで筆耕代筆サービスを依頼することがおすすめです。招待状を家族あてに出す場合は、招待する人全員の名前を連名でかきます。手渡しの場合は住所は不要で名前だけを書きますが、郵送する場合は慶弔用の切手を用意します。郵便局で販売されています。招待状を発送する時期やマナーに気を付けて、失礼のないようにしましょう。