ブライダルプロデュースを取り入れている結婚式場を予約しよう

ゲストが喜ぶ式にしよう

式場

ネームカードを作ろう

結婚式場で招待客が席に着いた時、最初に目にするのがネームカード、席札です。最近では招待客の名前だけでなく、メッセージなどを添えることで式を盛り上げる一つのアイテムとなっています。この席札はどのような点に気を付けて作ればよいでしょうか。まず何より大切なのは、書かれている名前がわかりやすく見えることです。席札の一番の役割はその席に座る人の名前を伝えることです。本人はもちろん、同じテーブルにつく人にもわかるよう、はっきりとした少し大き目のフォントなどを選ぶとよいでしょう。基本的に名前の後には様を付けます。但し、新郎新婦の近い身内、親兄弟などには様は付けません。席札には名前だけを書くのもよいですが、裏側などに一言メッセージを付けることで招待客により喜んでもらえます。結婚式の最中は全ての招待客とゆっくり話すことはなかなか難しいものです。来てくれてありがとうといったようなメッセージを書くことで感謝の気持ちをしっかり伝えることができるでしょう。また、最近ではちょっとした小物と一緒になった席札を用意するケースも増えています。カードに小さな花などをデコレーションしたり、小さなお菓子とセットにしたり、思わず持って帰りたくなる席札も素敵です。席札は手書きでも印刷でももちろん構いませんが、作成には時間がかかるものです。招待状の返事を待ってから用意を始めるのではなく、デザインや文章など前もって準備を始めておくことをお勧めします。