ブライダルプロデュースを取り入れている結婚式場を予約しよう

相手に感謝の気持ちを贈る

レディ

結婚をした際に、必ずやらなければいけないことのひとつに、結婚祝いへの対応とお返しのことがあります。結婚祝いには、結婚式の時に招待客からご祝儀として頂く場合と、結婚の前後に別に頂く場合とがあります。この時、「結婚式には出席するが、事前にお祝いを渡してくれて、当日のご祝儀はなし」の人、「結婚式でご祝儀を渡してくれる」人、「結婚式には出席せず、お祝いのみ贈ってくれた人」をそれぞれよく確認し、それぞれへの対応をきちんとしておく必要があります。まず、結婚式に出席してくれる人に対しては、特に何かない限り、お返しは必要ありません。披露宴でのおもてなしや引き出物が、お返しとなるからです。念のため、受付で失礼のないよう、事前にもらった人は受付の人に分かるようにしておけば何の問題もないでしょう。お返しを考えなければならないのは、出席者以外で結婚祝いをくれた人です。結婚祝いへのお返しは、「内祝い」と呼びます。これは、結婚式を挙げてから大体一カ月以内に返すのがマナーです。頂いた結婚祝いの半額程度の品が一般的な相場とされますが、金額に関しては相手との関係や地域の慣習なども絡んできますので、一概には言えません。特に目上の方の場合、両親や年配の方に確認しておくのが確実です。この時、丁寧なお礼状や近況を報告する手紙を添えておけば、感謝の気持ちがより伝わりやすくなります。しきたりだから、礼儀だからお返しするのではなく、結婚を祝福してくれた人の気持ちに対してのお返しであることを、よくわきまえておきましょう。