ブライダルプロデュースを取り入れている結婚式場を予約しよう

式場

ゲストが喜ぶ式にしよう

席札を作る際、大切なのはまず名前がわかりやすいことです。更に、カードの裏側等に感謝の気持ちを伝えるメッセージなどを書き加えると、より招待客に喜んでもらえます。また、デコレーションなどを施しても素敵です。作成には時間がかかるので、用意は早めに始めるとよいでしょう。

レディ

相手に感謝の気持ちを贈る

結婚祝いへのお返しは、大きく分けて二つあります。結婚式へ出席してくれた人へは、お料理や引き出物がこれに当たりますので、特にお返しは必要ありません、出席者以外で結婚祝いをしてくれた人へは、結婚して一カ月以内を目安に、相応の品をお礼状と共に贈るようにしましょう。

カード

招待するときのマナー

結婚式の招待状は、式の2〜3カ月前に発送できるよう準備しましょう。招待された側も予定が立てやすく、返信はがきによる出欠確認を式の1〜2ヵ月前にできる計算です。宛名は太く濃くきれいな文字で、また慶弔切手を使用するなど、マナーがいくつかあるので失礼のないように発送できるようにしましょう。

挙式はプロデュース会社に

新婦

静岡県は通常の結婚式以外にも、リゾート婚や神前式向きの場所でもあります。確かに背景に伊豆高原や霊峰富士のような景色があるとくれば、それを活かした結婚式にしたいと考えるのも無理はありません。その際には、静岡のリゾート向け結婚式に強いブライダルプロデュース会社を利用するのがお勧めです。これなら不案内な状況で挙式される方でも、場所の選定から挙式プランまで滞りなく決めることができます。ただこのブライダルプロデュース会社は、どこに頼んでもまったく同じクオリティのサービスが望めるわけではありません。やはり依頼する会社によって、サービスの内容に差が出ます。そのためそれなりに充実した内容の挙式にするには、依頼する会社の選定を慎重にしなくてはいけないでしょう。とはいっても多くの方にとって初めて頼む方ことになるので、会社の特徴がよくわからないという方がほとんどのはずです。それを考慮して上で、プロデュース会社を探す時はまず口コミをチェックしましょう。そこで、静岡の結婚式で評判のいい会社をみつけるのも一つの方法です。またそれ以外にも、式を挙げたい静岡の結婚式場と提携しているかどうかも重要になります。式場の中には特定のプロデュース会社を通してでなければ受け付けてくれないところもあるので、場所を重視するならそこも選ぶポイントになるでしょう。あとは担当者の人柄で決めるというのも、選び方としては有りです。気持ちよくやり取りできる担当者となら、長時間一緒にいても疲れないうえすべてお任せしても安心できます。なんにせよ、静岡県で結婚式をサポートしてくれる会社はたくさんあります。いろいろチェックしてみて、希望通りのプランで利用できるところがないか時間をかけて探してみるといいでしょう。